明石海峡大橋を楽しもう

大鳴門橋は四国と淡路島を結ぶ橋ですが、その淡路島から本州の神戸を結ぶ明石海峡に架かる明石海峡大橋は、全長3911mの吊り橋で、世界最長の吊り橋です。明石海峡大橋の主塔の高さは海上から約300mあり、これは東京タワーや横浜ランドマークタワーの高さに匹敵するという大変大きな吊り橋なのです。

この大橋は日本の標準時子午線の明石近くにあるということで、毎正時と半時に時報のパターンの点灯を行っているほか、季節ごとにライトアップを行っています。また、この橋の建設中に阪神・淡路大震災が発生したとのことから、毎年1月17日にはライトアップイルミネーションは白一色で時報の点灯はなくなるほか、国民的行事や関西地方のイベントに合わせてそのライトアップデザインを変える事でも有名な大橋です。

本州から大塚国際美術館に行くなら、通る可能性が高い橋ですので、ぜひ堪能したいところ。

この投稿の続きを読む »

タグ


2012/12/06 | コメントは受け付けていません。|

カテゴリー:周辺観光情報

大鳴門橋を楽しもう

大塚国際美術館から近く、徒歩10から15分でアクセス可能の大鳴門橋は、徳島県民にとって、もっとも馴染み深いと言われる橋です。鳴門海峡の最狭部を結ぶ全長1629mの吊り橋で、本州と四国を結ぶルートの一つ神戸淡路鳴門自動車道として供用されています。

大塚国際美術館からも近い、大鳴門橋付近は、渦潮が見られることで有名な場所です。

この橋の道路部分の下にある橋げた空間はもともと鉄道が通る予定でしたが、問題点等があり、今のところ工事が着工されていないため、この空間は、「渦の道」という遊歩道に整備され、観光客が橋の上から渦潮を観察できるような仕組みとなっています。

展望台と呼ばれる部分は海上45mから太平洋と瀬戸内海が同時に見渡せるほか、床下に張られたガラス部分から覗き込む渦潮は、大迫力で吸い込まれそうなスリルがあります。

この投稿の続きを読む »

タグ


2012/12/05 | コメントは受け付けていません。|

カテゴリー:周辺観光情報

このページの先頭へ

イメージ画像