チケットはちょっと高いけど、ツアーで行くと割安

キーワードで探す」から「大塚国際美術館」と入力すると、バスツアーが表示されます。
≪日帰り・宿泊バスツアー≫リピーター続出!大好評ツアーのご予約お早めに

大塚国際美術館の入場料は一般3150円。小中高校生は520円、大学生は2100円。少々割高な感じがしますが、まずコンビニ等で前売券を購入すれば、ほんの少し安くなり、一般3000円、小中高校生500円、大学生が2000円になります。

しかし、さらに割安にする方法は多くの旅行社で全国各地より発売されているパッケージツアーを使う方法です。ツアーは宿泊代や交通費、高速道路の通行料やガイド料も含まれているだけでなく、美術館のチケット代金も含まれており、結果的に割安な料金で訪れることができることになります。

例えば羽田発で徳島市内に1泊宿泊がついて3万円程度くらいから、といえば、航空券やホテル代が入っている、さらに入場料も込みだと思えば、大変割安であることに気がつくでしょう。

また、大阪・近畿地方から、日帰りバスツアーなら、入場料も含めて1万円程度から、というのも大変お得です。この場合の気になる鑑賞時間は3時間。約1時間はガイドの説明もついています

近隣の渦潮観測とセットとなった観光ツアーや、ショッピングの時間があるプランもあるほか、四国観光、土佐観光、金比羅山観光などのツアーに組み込まれているものもあり、全国各地から飛行機、バス、列車など利用すると大変お得になるパックツアーがたくさんあります

さらに、レンタカーと航空券、鑑賞券がパックになっているツアーもあります。羽田から徳島空港に飛行機で移動し、3日間全てフリープラン。美術館までレンタカーが借りられて、ホテルも2泊ついています。これで3万円程度からのお値段と言う大変お得な企画も。

ツアーだと、学芸員が特別にガイドをしてくれたり、食事がついていたりするプランもあり、値段だけでなく「お得」な気分が楽しめるものもあります。

ちょっと変わったところでは、美術館の中は広く、バリアフリーですので、普段で旅行に出かけにくい車椅子や障害を持った方たちが美術を楽しめるツアーの企画もありますし、美術館では修学旅行や学校の校外学習の場として団体客も受け付けています。その他、美術関係のワークショップを行ったり、子どもたちの教育に美術を取り入れるための研究会などの会場になることもあり、様々な鑑賞プログラムの試みが美術館側と旅行会社で企画されています。

自分自身で交通費と入場料を払い、美術館にいくよりはパックツアーを使ったほうが、お得に楽しめるでしょう。大塚国際美術館に行くなら、ぜひご一考してみてはいかがでしょうか。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2012/12/13 | コメントは受け付けていません。|

カテゴリー:大塚国際美術館情報

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ

イメージ画像