美術館ウェディングに遭遇できるかも

キーワードで探す」から「大塚国際美術館」と入力すると、バスツアーが表示されます。
≪日帰り・宿泊バスツアー≫リピーター続出!大好評ツアーのご予約お早めに

偶然花嫁さんにばったり出会ったら、驚きとともに、ちょっとだけ幸せのお裾分けをしてもらった気分になり、うれしくなりますよね。そんな体験がここ大塚国際美術館内で出来るかもしれません。それもフラワーシャワーに参加し、挙式後の新郎新婦を祝福できるかもしれないのです。新郎新婦に「おめでとう」と声を掛けてあげることも可能です。

大塚国際美術館では、ひと月に2組限定で、スクロヴェーニ礼拝堂にて挙式することができ、システィーナホールで行われるフラワーシャワーには、一般の来館者も参加可能です。名画鑑賞の合間に素敵な新郎新婦に出会えるなんて、心に残る旅になること間違いなしです。しかもひと月に2組のみですから、ラッキーな気持ちにもなります。

美術館ウェディングを行っている美術館はほかにもありますが、本物に見劣りしないようなスクロヴェーニ礼拝堂で挙式することができるなどという美術館は、世界にここだけでしょう。また、事前に希望すればお気に入りの絵画の前でドレス姿の写真を撮影することもできます。

披露宴などは鳴門パークヒルズホテルリッジで行いますが、ホテルのスタッフと美術館のスタッフが連携して、招待状の手配から、引き出物まで、新郎新婦のサポートをしてくれます。本物そっくりの厳かな礼拝堂、ホテルからの鳴門海峡を臨む景色、美術に囲まれた雰囲気はまるでヨーロッパのリゾートウェディングのようです。

2004年に衆議院議員の後藤田正純さんと、女優の水野真紀さんが挙式をしたことでも知られています。また2010年には横綱白鵬も徳島出身の婦人と結婚する際にも大塚国際美術館を利用しました。

挙式中のスクロヴェーニ礼拝堂には一般の来館者は一時的に入れなくなりますが、ドアが開いていれば中を覗くことは可能です。結婚式の様子は、それはまるで美術画のよう。もし来館したときに偶然挙式をしているというラッキーなことがあればぜひ覗いてみましょう。歴史的美術の名作の中に現代の新郎新婦が溶け込んだ素敵な光景を目に出来るはずです。

ちなみに、あなたのご友人や親戚などから、大塚国際美術館での結婚式の招待状が届いたら、それもまたとてもラッキーなことです。なぜなら、招待者全員に美術館の入場券がプレゼントされるからです。つまり挙式に参列する時間の前後に美術館で絵画を鑑賞できるということです。これは新郎新婦からのちょっとしたプレゼントのようで、とてもうれしくなってしまいます。そしてその新郎新婦も参列者に気の利いたお礼ができ、やはり嬉しい気分になるのではないでしょうか。

陶板名画を巡って、人の輪も広がり、幸せも連鎖していく・・・。新郎新婦だけでなく、参列者も、一般来館者も、大勢の人たちをハッピーにするのが大塚国際美術館のウェディングなのです。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ


2012/12/16 | コメントは受け付けていません。|

カテゴリー:大塚国際美術館情報

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ

イメージ画像