大塚国際美術館ってどんなところ?

キーワードで探す」から「大塚国際美術館」と入力すると、バスツアーが表示されます。
≪日帰り・宿泊バスツアー≫リピーター続出!大好評ツアーのご予約お早めに

大塚国際美術館は、1998年に大塚製薬グループ創業75周年記念事業として徳島県鳴門市に設立された国内最大級の美術館です。鳴門の美しい景観や自然を守るため、山をくりぬいて建設されたという建物は、非常に広大です。

常設展示スペースだけでも延床面積は29,412平米あり、鑑賞スペースを全て歩くと、総道程が4kmにもなるという巨大な美術館なのです。そこに厳選された古代壁画から現代絵画まで、世界25カ国190あまりの美術館が所有する至宝の西洋絵画1000余点の陶板絵画が展示されています。

陶板絵画とは?

陶板絵画」とは、聞きなれない言葉かもしれませんが、陶器の大きな板に名画を忠実に再現したもので、色が経年変化せず、実際の名画を見るごとくその臨場感を楽しむことができます。

元来オリジナルの絵画は近年の環境汚染や、地震や火災、管理の不備などで退色や劣化を免れることができません。しかし、この陶板名画は約2000年に渡り、そのままの色と姿で残るとされています。

つまり、オリジナル作品は劣化していきますから、今から100年後に陶板絵画とオリジナルを比べてみると差が出ていることになります。このことは、今の姿、そして真実の姿を残す、という意味においても大変貴重な技術となっています。

この陶板化技術は、大塚オーミ陶業株式会社の特殊技術であり、世界の名画を劣化させず永久に残していきたいとの思いから生まれたものです。文化財の保存という面においては、大変画期的であると、世界各国の美術館の館長や学芸員、美術関係者から賞賛を受けています。

「複製品」とはいえども、大塚国際美術館の展示作品は、世界の名だたる名画を、忠実に、厳密に、オリジナル作品と同じ大きさで再現していますので、オリジナルとほぼ同じ迫力で名画を楽しむことができ、その精度は非常に高く、色褪せない分、本物にも劣らない圧倒的存在感があります。

陶板絵画の美術館というコンセプトのユニークさもさることながら、複製とはいえ本物にこれだけ忠実な、高い精度の名だたる名画が一度に1000余も見ることのできる場所というのは、世界にただ一つ、大塚国際美術館だけです

日本にいながらにして、これだけの名画が見られる、夢のような美術館なのです

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ


2012/12/04 | コメントは受け付けていません。|

カテゴリー:大塚国際美術館情報

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ

イメージ画像